Motoki's帳面

考えを整理して置いておく場所です。

脚本のテーマ作文が出来た

テーマ「結婚の意味は、愛する喜びを知ること」

 

 結婚なんて人生に必要ない。赤の他人同士の二人が理解し合えるなど幻想だ。

 お互いが相手を思う気持ちの大きさや、お互いの弱さを受け入れられる器、金銭感覚、両親の考え方、セックスの頻度、相手を知れば知るほど、お互いの価値観の違いに気が付き、失望する。そんな非生産的な行いに、一体何の意味があるのだろう。

 ある日曜日。「バター買い忘れたから、買ってきて」と妻にお使いを頼まれた。近所のスーパーまでいくと売り切れ。仕方がなく、もう少し遠い店舗にいき、往復1時間半かけて帰宅。「ありがとう」と嬉しそうに喜ぶ妻の顔をみて、「面倒だったけど、その笑顔が見たかった」と、心の中で呟いていた。

 幸せな結婚生活に必要なものは、「相手から何をして貰えるのか」ではなく、「相手に何をしてあげられるのか」だったのだ。

 結婚は、「愛する喜び」を得ることができる、貴重な手段なのかもしれない。