Motoki's帳面

考えを整理して置いておく場所です。

次の一歩

昨日、離婚届を役所に提出した。

詳しくはまた書こうと思う。

今日は次の一歩として、僕のやりたい「ひとり旅」を支える車の購入を検討したい。

 

①なんのための「ひとり旅」か

もう、全国各地どこでも行きたい。

美味しい特産品を食べたり、秘境と言われるような綺麗な景色を見たり、

道を覚えたり、色んな人に出会いたい。

歴史的な名所にも行きたい。

沢山写真を撮って、思い出を残したい。

将来、この経験を自分の友達や家族、もしできれば子供に伝えてあげたい。

「日本には、こんなに素晴らしい場所や人、食べ物があるんだよ」と話して、まるでその場所に一緒に行ったような気持ちにさせて、楽しませてあげたい。

自分と周りの人を幸せにできる、僕なりの方法だと思う。

 

②どんな車が良いか

トヨタ副社長「2025年にはエンジン専用車種廃止も、燃費改善は継続」…電動化の取組で | レスポンス(Response.jp)

この記事によると、トヨタは2020年から電気自動車の投入を本格化させ、2025年までに全車種で電気自動車を作るらしい。今が2018年だから、2年後から新モデルの市場投入が始まるということだ。

電気スタンドももっと増えていくだろうし、電力自由化の影響で電気代も安くなるかもしれない。バカにならないガソリン代のことを考えると、10年単位で乗りたいと思う見た目も機能も本気で好きになる車は、電気自動車にしたほうがいいと思う。つまり、今はそうした車を買う時期ではない。今買う車は、2025年に乗り換える可能性が高いと考えたほうがいい。

これを踏まえると、僕が買いたい車の条件は、

(1)安い(中古ということ)

(2)比較的新しくて故障しにくい

(3)燃費がいい(全国各地を回るので燃費は重要)

(4)車中泊できる(フルフラットシートになる)

以上だ。

 

③購入金額について

安いと言っても具体的にどれくらいまで買えるか。

今の生活費から計算してみる。

ある時期の一月の生活費の平均は28万円かかっていた。

かかりすぎだろ…と思う。この原因は、やっぱり家賃の8万4千円。

今考えると無駄と思える出費を削っても月21万円はかかる。それに、なんやかんやで友達の結婚式とか、2次会とか、キャンプとか、お金のかかるイベントが入るものだ。

だから、まぁせめて25万円は今の家で住んでいるとかかると思う。

僕は近々家賃が5万円くらいのボロアポートに越す予定だ。

今より3万4千円生活費が浮く。つまり、最低生活費が21万6千円くらいになる。

離婚して扶養手当がなくなったり、逆に控除額が減ったりで、最終的に給料が手取りでいくらになるのかがわからないけど、決して余裕のある台所事情ではないと思う。

車を購入するからには、5年間〜7年間で無理なく返せるローンを組みたい。

これを計算するには、実際に新生活を始めて、手元にいくら残るのか見た上で、それをどれだけ返済に充てられるのかを考えないといけない。

 

今日の結論

車は欲しいけど、まずは毎月の生活費を把握して、無理なくローン返済できる目処がたってからにしよう!