Motoki's帳面

考えを整理して置いておく場所です。

目標をイメージする際の心の持ち方

僕は「こうなりたい」と思うイメージを抱くとき、いつも「憧れ」を抱いていた。

だけど、そのイメージ通りの目標を達成したとき、いつも「これだけ努力したから、できて当たり前」と思った。

つまり、目標をイメージし、それを達成するために大切なことは、「憧れ」を抱くのではなく、「目標を達成している自分が当たり前になっている姿」を想像することだと思う。

例えば、160キロ投げたいと思っていたピッチャーが、160キロ投げれた場合、「その状態に浸って感動し続けるか」といえばそうではなく、「次は165キロを投げたい」と言った欲が出てきて、次に進んでいると思う。

 

常に「目標が達成された状態」を当たり前と思えている自分をイメージすること、これは目標を達成する心構えとして、結構大切だと思う。

 

僕の場合は、「愛する人と結婚し、暖かい家庭を築きたい」という目標がある。

今は離婚の寂しさからか、こうした状態にめちゃくちゃ憧れている。でもこの目標を達成するには、「愛する人と暖かい家庭を築いている状態が当たり前」に思える自分にならないといけない。感謝をしないという訳ではなく、然るべき努力をし、運にも恵まれたら得られるはずの目標に向かって、小さな目標を淡々を達成していくことが大切だと思うのだ。

淡々と達成していく際、その小さな目標を想像するには、目標の状態が当たり前と思える自分を冷静に想像して、それと比べて今足りないことを判断する必要があると思う。

愛する人と結婚し、暖かい家庭を築けている状態」を冷静に想像し、分析し、小さな目標を見つける作業をしようと思う。