Motoki's帳面

考えを整理して置いておく場所です。

人との距離感

先日、仲良くして下さっていた先輩から、急に冷たい態度をとられて驚いた。

冷たい態度とは感覚的な感想だが、明らかに前日までと態度が違った。

何か気を悪くすることをしたかどうか考えたが、思い当たらなかった。

どうでもいい人なら、そこまでショックは受けないけど、尊敬している人だから、ショックは大きかった。

僕はその先輩の前では自然体の自分を出せて、何でも話せると思い、実際何でも話していた。

一方で、思い返せば、僕の感覚は人とずれているところがあるので、他人が聞いても何も面白くなかったり、疑問が残ることを言ってしまうことが多々ある。そのため、だいたいの人は僕と話しても会話が成り立たず、会話を止めてしまう。もしくは、僕はずっと相手の話を聞いている。

その先輩にも、きっと同じような会話をたくさんしていたと思う。しかし、先輩は優しい方で、笑いながら僕の話を受け止めてくれた。僕を認めてくれているように感じた。

 

そんな先輩が、急に手のひらを返したように冷たい態度をとられたので、僕は驚き、狼狽した。

 

「先輩は優しい人だから、僕を受け止めてくれる」と思っていたが、実際は違ったのだ。きっと僕の言動に疑問や憤りを感じていたのだと思う。

また、このことで、僕が今自己不全感に陥っているのは、アスペルガーの症状の一つである「自信のなさ」からくることなのかもしれない。

 

このことで学んだことは、

①僕は「人と仲良くなるのに向いいていない」ということだ。距離が近すぎると、相手にストレスがかかるのだろう。だから、僕はどんなに仲良くなれそうな人でも、距離間を大切にしたい。

②楽しいことをたくさんして、人に自己開示しなくても、自分の中で自分の人生を楽しめるようになる。

 

この2点を実践していけば、急に嫌われることはないし、自分一人で生きて行くスキルが上がるし、(心の持ち方がうまくなる)いいことだらけだ。