Motoki's帳面

考えを整理して置いておく場所です。

今日から俺は!!

有名マンガのタイトルをお借りして宣言する。

僕は、もう副業に取り組まない。

本業(今の仕事)と、プライベートを充実させる事に集中する。

 

今まで僕は、会社にしがみついていく人生が嫌で、独立開業を夢見てた。

こんな言葉を本気で信じていた。

「いつ会社が無くなっても自分で稼いで生きて行くスキルがなくてはならない」

アスペルガーは人と合わせるのが苦手だから、独立を目指した方がいい」

 

会社が存続する保証がないのに、会社のために働くことに「本当にそれでいいのか?」と思ってた。「我が社は倒産します」と言われた時、何も準備していなかったら後悔する。またアスペルガー気味な僕は、周りと歩調を合わせるのが苦手なので、自分のペースで仕事ができる独立を目指した方が楽でいい。

 

多分、二つとも本当だと思う。

 

でも、すぐに会社を辞める勇気がない。

 

そんな時、パラレルキャリアを考えた。

平日は本業に集中し、休日に副業をするという考え方だ。

 

しかし、それもすぐに破綻した。

 

まず、仕事が忙しくて副業に集中できない。

次に、結婚生活が辛い事が多く、本業にすら集中できない日々が多々あった。

 

パラレルキャリアができるのは、本業がそこそこできて、プライベートもそこそこ楽しめて、副業にしたい「やりたい事」が見つかって初めて可能だと思う。

 

僕は、前提条件を満たしていなかった。

 

そして、「こうしなければならない」という自分の考え方も、窮屈に感じている。

 

今まで僕は、「受験勉強をしなければならない」、「就活で好きな仕事ができる会社に入らなければならない」、「結婚して家族を大切にしなければならない」と言った感じだった。「幸せ」の定型があって、そこに収まれば自分は幸せになれると思っていた。

 

僕が純粋にやりたくてやったことって、結婚以外にはあまりない。

その結婚も、「結婚さえすれば幸せになれる」という願望先行の思考停止状態だった。

 

つまり、型にはめた考え方をやめ、感性に身を任せて生きてみようと思うのだ。

 

仕事は生活の糧を得るためだから仕方ない。

でも、それ以外の時間は、

自分が行きたいところに行き、

自分が食べたいものを食べ、

自分が観たいものを見る。

着たい服を買い、

会いたい人に会う。

 

そのような生活の中で、ひょっとすると医学が進歩して難聴が治るかもしれない。

また、ある日転職や企業のアイディアが浮かぶかもしれない。

 

発達障害の子どもに大切なことは、自分の「好きなこと」に熱中させて、

「小さな成功体験」を重ね、自己肯定感を高めていくことだという。

僕は子どもではないけど、この行程をすっ飛ばしてきたから、一からやり直してみようと思う。